Language   

Le Déserteur

Boris Vian
Back to the song page with all the versions


GIAPPONESE / JAPANESE / JAPONAIS [3] - Kenji Sawada
脱走兵


(作詩:ボリス・ヴィアン)


大統領閣下
お手紙を差し上げます
お時間がある時
たぶん読んでいただけるでしょう

たった今
水曜の夜に
戦地に出発せよとの
礼状を受け取りました

大統領閣下
わたしは戦争をしたくありません
哀れな人びとを殺すために
わたしは生まれてきたのではありません

あなたを怒らすためではありませんが
でもいわなければなりません
もう決めました
わたしは脱走します

生まれた時から
わたしは父が出征し
兄弟たちが出征するのをみました
そして自分の子供たちが泣くのをみました

わたしの母は苦しみぬき
今は墓の中で
爆弾をあざ笑い
うじ虫どもをあざ笑っています

わたしが捕虜だった時
わたしは女房を奪われ
わたしの魂を奪われ
わたしのいとしい過去まで奪われました

明日の朝早く
死んだ年月を置いて
わたしは扉を閉め
旅に出ます

わたしは物乞いをして暮らすでしょう
ブルターニュからプロヴァンスまで
フランスじゅうの街道を歩いて
そしてわたしは人々にこう訴えるでしょう

服従することを拒みなさい
戦争を拒否しなさい
戦場にいっちゃだめだ
出征を拒否しなさい、と

もし血を流さなくてはならないのだったら
ご自分のを流しなさい
あなたはとんだ偽善者だ
大統領閣下

わたしを追跡させるのでしたら
憲兵におっしゃっておいてください
わたしが武器をもっていないことを
そして撃ち殺しても構わないということを


脱走兵

大統領閣下 手紙を書きます
もしお暇があれば 読んでください
僕は今 戦争に行くようにとの
令状を受け取りました いわゆる赤紙です
   
大統領閣下 僕は嫌です
戦争するため 生まれたのではありません
勇気を出して あえて言います
僕は決めました 逃げ出すことを

生まれてこのかた 父を死を見て
兄は戦場へ行き 子供が泣くのを見
悲しむ母を見ました その母は墓の中
爆弾も平気 ウジ虫も平気
   
牢から出た僕に 愛する妻も
過去の愛しい日々も 魂さえない
明日の朝早く 忘れたい思い出を
部屋に閉じこめて 僕は旅立つ

行く先決めず 見知らぬ国から
この世の果てまで 声高らかに
ノン ”と言うのだ 戦争を拒否せよ
我らは同じ人間
   
血を流したいなら どうぞあなたの血を
猫をかぶったみなさん お偉い方々
僕を見つけたら どうぞご自由に
撃ってください
撃ってください

dassō-hei

daitōryō kakka tegami o kakimasu
moshi o hima ga areba yondekudasai
boku wa ima sensō ni iku yō ni to no
reijō o uketorimashita iwayuru akagamidesu

daitōryō kakka boku wa iyadesu
sensō suru tame umareta node wa arimasen
yūkiwodashite aete iimasu
boku wa kimemashita nigedasu koto o

umarete kono kata chichi o shi o mite
ani wa senjō e iki kodomo ga naku no o mi
kanashimu haha o mimashita sono haha wa haka no naka
bakudan mo heiki uji mushi mo heiki

rō kara deta boku ni aisuru tsuma mo
kako no itoshī hibi mo tamashī sae nai
asunoasa hayaku wasuretai omoide o
heya ni tojikomete boku wa tabidatsu

yukusaki kimezu mishiranu kuni kara
konoyonohatemade-goe takarakani
non' to iu noda sensō o kyohi seyo
warera wa onaji ningen

chi o nagashitainara dōzo anata no chi o
neko o kabutta minasan o erai katagata
boku o mitsuketara dōzo go jiyū ni
utte kudasai
utte kudasai


Back to the song page with all the versions

Main Page

Note for non-Italian users: Sorry, though the interface of this website is translated into English, most commentaries and biographies are in Italian and/or in other languages like French, German, Spanish, Russian etc.




hosted by inventati.org